COPY RIGHT 2017 ALICE YAMANAKA ALL RIGHTS RESERVED

小さい選択・大きい選択


カナダに来て2週間で仕事を始めた時

英語喋れない・緊張する・友達いない・仕事ばかりしてる…

ということになってしまったので、少し後悔した

もっとウォーミングアップしてもよかったんじゃないかって


だから今はキリがよく年明けにスタートできるようレジュメを準備しつつ

街の散策や英語の勉強に勤しんでいる

仕事をしているとどうしてもできないことってたくさんあるから

(時間的なことと、忙しいと気持ちが乗らないとかそんな理由で)

今はそれを消化してる時間に当てている


年の瀬だけど今までみたく忙しく無いし、気分も落ち着いている

東京に帰ってから「自分の時間」がすっごく欲しかったので

凄い嬉しい、ああこれは良い選択だなあと思う。充電期間みたい


これからも「自分の時間」を確保する生活ができるようにしたいので

そうなれるように、その準備を進めることにした


去年までは仕事をしていないとどうも「仕事をしないとマズイ」という気分になっていた

まあ多くはないけど何ヶ月か働かなくてもいい位の貯金もあるのにどうしてだろう

世間体?いい歳して仕事してないなんて…みたいなやつが頭にあったからかもしれない


「〜していないとだめだよね」

「○歳だったらもう〜してもいい頃か」

「○歳だったら貯金〜円くらいないと生活きびしーよね」

諸々、そういうことをリアルで聞くことやSNSで見ることが多く

その言葉に今までとても翻弄されたなあと思う

小さい頃から言葉に対してすごくセンシティブだったからね


「一つのデータとしてそうなんだ、でも自分は〜だな」って

今はそれでいいんじゃないかって思うようになった

自分が選択してることで、選択した自分に責任があるから

他人からの意見は一意見として受け取っておくことにした


良く聞くフレーズだけど

結局は自分が今何をしたくてどんな人生にしたいかで

色々選択するべきなんだと思う


日々の小さい選択・大きい選択は自分が責任持って選択してることで

それが自分の未来に繋がるって思ったら

もっと「選択」を大事にしなきゃって思えてきた