コーディのお誘いで


メルボルンに住んでいるときに

フローリストのコーディと友達になりました


何年か前、私の従姉妹とモントリオールに住んでいたそうで

従姉妹が「メルボルンにいるなら、彼女と友達になりなよ!」

と連絡をくれて会うように。

一緒にコーヒーを飲みに行く仲になりました

彼女はシドニー出身で、メルボルンに住んで何年かになるみたい


メルボルンのカフェやショップについて色々教えてくれて

英語が拙い私にとても親切にしてくれる優しい子です

本当に優しくて、何度「Awwwwww」となったことか…


普段はフラワーショップで働いていて

時にファッションやアートの撮影でフローリストとして

フラワーワークを手がけるアーティスティックな彼女


そんな彼女のお誘いで

アクセサリーブランド Holliegraphicの撮影に

同行させていただける機会がありました!


撮影の撮影

いわゆるBehind the scene(撮影の舞台裏)を撮るために

始終フィルムでもデジタルでもバッシバシ撮ってました


100%英語環境の撮影だったのでめちゃくちゃ緊張しましたが

日本の撮影のフローとは少し違うオーストラリアの撮影を

体験できたのはメルボルン生活1の思い出かもしれません


Hollieのアクセサリーは今まで見たことないような

とても自由な発想のデザイン。

今期は淡水パールやオパールを使ったクリエイティブな

ジュエリーたちは見ていてすごくワクワクしました


友人のコーディもフローリストとして

ものすごい量のお花を準備して

撮影に参加していました。


本当に良い経験になりました

ありがとうコーディ!


(コーディが撮影について説明してくれた英語を

私がちゃんと理解してなくて撮影ギリギリまで

リードフォトグラファーやるのかと思って

無駄にドキドキしたのは今でも赤面必須な思い出です。。。

そんな失敗も、次に繋げていきたいです

はい、「英語は理解するまで読むこと!」)

COPY RIGHT 2017 ALICE YAMANAKA ALL RIGHTS RESERVED

  • ブラックTwitterのアイコン
  • Instagram